ふぁーまーず通信 23  土壌酸度を測定してみる!


 
 今回は土壌酸度(どじょうさんど)の話です。
 4月12日に、デジタル土壌酸度計(どじょうさんどけい)を購入しました。
 菜園の土を測定してみると、やはり全体的に弱酸性の傾向でした。
 既に畝立て&マルチシート張りが終わっているところも多く、土壌酸度の調整は次回の作付けから本格的に行ないます。

 この計器の欠点は、天気がいいと画面が見えづらくなることです。
(アナログタイプも欲しい)

 各野菜の適性酸度については、一覧表などがインターネットで公開されています。
 そちらを御覧下さい。

(土壌酸度計)
土壌酸度って何やねん?
・土壌酸度とは、土の中の水素イオン濃度のことで、水などの液体と同じようにPHで表します。
・PH7.0が中性で、これ未満が酸性、これを超えるとアルカリ性となります。
・野菜には、その野菜にあった適切な酸度があるとされています。
日本国内の土壌は、降雨量が多いことなどから酸性土壌になりやすく、例えば酸性土壌が苦手なホウレンソウを作ろうと思ったら、石灰などで酸度を調整(中和)する必要があります。

・逆にアルカリ性に傾いている場合は、酸性値の高い土(ピートモスなど)を混和するなどし調整します。
・土壌酸度は、一度改善しても雨などで、自然と酸性になっていくものなので定期的に確認し対処することが大切です。

1.土壌酸度を測定してみた
【ジャガイモ:2012年4月20日】
・PH=6.5
・ジャガイモは酸性がお好き・・・
・ジャガイモの適性酸度は、5.0〜6.0と低い!
・中性に近いエリアは明らかに育ちが悪いようだ。
"・水分が異なると、誤差が生じるようなので、散水などを行い合わせる必要がある。
 この計器は、土壌水分も測定できます。(照度と地温も)"
・ジャガイモは、4週類植えていますが、中性ゾーンは全滅です。


【2012年6月18日現在】
・PH=7.0
・PH=6.0
H岡エリアのジャガイモ:2012年4月20日】
・PH=6.5 ・くどいですが、ジャガイモの適性酸度は、5.0〜6.0と低い!
・PH=6.5の場所は、葉の色が薄く、丈も低めである。
・PH=5.5の場所は、非常に成長が良いようだ!
・見た目にも良い状態で成長していると感じます。
・さすがMy同期!H岡くん! 脱帽・・・です!

【2012年5月21日現在】
・PH=5.5
【ニンジン:2012年4月20日】
・PH=6.5 ・ニンジンの適性酸度は、6.0〜7.0と中性付近が良い!
【2012年6月18日現在】
【ミョウガ:2012年4月20日】
・PH=6.0 ・ミョウガの適性酸度は、6.0〜6.5!
【2012年6月14日現在】
H岡エリアのホウレン草:2012年4月20日】 H岡エリアのニンニク:2012年4月20日】
・PH=5.5
・ホウレン草の適性酸度は、6.0〜7.5!
・PH=6.5
・ニンニクの適性酸度は、6.0〜6.5!
次回の予告
ふぁーまーず的ガーデニング(その後):掲載時期は?です。


<<播州コムトップ
Copyright (c) by JPOWER-TAKASAGO All Rights Reserved. since2001.1.1