ふぁーまーず通信 27  さつま芋のお話し(その1)

今回と次回は、さつま芋の話をさせて頂きます。
 関西ではよく、
「芋たこなんきん」って言いますが・・・
 これは江戸時代に浮世草子作家である井原西鶴さんが、「とかく女の好むもの 芝居 浄瑠璃
芋蛸南瓜」と記したもので、女性の好きな食べ物を示したものだそうです。
 南京(ナンキン)とはカボチャのことで、蛸(タコ)は海にいるアレですね!
 芋は、
さつま芋のことと思いきや、どうやらそうではないようです。(K瀬調べによる)
 井原西鶴さんは、1642年〜 1693年の人です。
 さつま芋が日本へ伝来した記録は、かなり正確に残っており、1604年に沖縄本島に伝わったものの、種子島1698年、鹿児島本土1705年の伝来であり、青木昆陽が薩摩藩から江戸へ苗を取り寄せたのは1734年とのことで、井原西鶴さんが記した芋とは別もののようです。

 また、
ジャガイモは、1600年頃に伝来したものの即座に普及したものでは無く、栽培の記録は1801年まで経過します。
 じつは、江戸時代に、芋といえば
里いもだったようです。(平安時代には栽培されていたと考えられているそうな)

 さつま芋的には残念なのですが、江戸時代と比べ食材が豊富な現代において、芋と言ったら普通は
さつま芋ジャガイモを思い浮かべませんか?

 多くの女性は焼き芋が大好きですし、現代における
「芋たこなんきん」の芋はさつま芋でも良いのではないかと思います。

 そもそも、女性の生活スタイルや好みが多様化している現代では女性を一括りにする言葉自体が適切ではないのかも・・・
【2012年7月19日】
●さつま芋を栽培します!

・昨年購入した安納芋(アンノウイモ)を2個残しておいて種芋にしました。
 プランターに植えた種芋から伸びた芋ヅルを切って畝に定植します。
 ツルを畝に挿すように定植することから芋挿しとも言います。

・写真は定植から1週間ほど経過した状況です。(時期的には遅め)

・私は、芋焼酎は大好きなのですが、さつま芋は大好きではないので、畑での栽培は初めてです。

 昨年、庭の花壇で少し栽培しましたが、定植時期が遅く失敗でした。
・写真以外にも2畝栽培しました。
【2012年11月8日〜9日】
●約3ヶ月経過

・ツルが通路を塞ぎ通行の邪魔になるので何度かツル返ししました。

・芋ヅルも大量に収穫しました。(次回お伝えします)

●ツルを切って芋を収穫します!

・前の写真とは別の畝です。
 既に1箇所収穫しています。(マルチシートが破れた所)
●芋ヅル式?

・芋ヅル式という言葉にならないような、一箇所集中です。
 他も同様な状況で、大小様々な形の芋が8〜10個程度収穫出来ました。


・予想以上に収穫出来て大喜びです。


・菜園に隣接する民家の方に少し御裾分けしました。
 やはり女性の人は喜んでくれました。

●ユニークな形状

・面白い形の芋 ベスト3を並べてみました。

・全て1体ものです。

●拡大1

・首かしげ過ぎ?(本当に1体ものです)

●拡大2(謎の生物?)

・こんな変なものばかりではないのですが・・・
 形の良い物は新聞紙で包んでしまっていたので写真がありません。

【2012年11月9日:保存します】
●洗わないで新聞紙に包みます!

・掘り出し後に、表面が乾いたら1個毎に新聞紙で包みます。

・天日で半日ほど乾かしました。

●ダンボール箱に詰めます!

・詰め込み過ぎないように注意!
●詰め込み完了です!

・なぜ保存するのか?
 それは、掘りたての芋は甘味が少なく、焼き芋にしても美味しくないからです。

●蓋をして倉庫で保存します!

・傷むので5℃以下にならないように保存場所に注意します。
 また、20℃以上では発芽しま
す。
●早めに使う小ぶりの芋はカゴで保存します!
【2012年11月10日】
●こちらは購入した安納芋です!

・昨年同様に、種子島産の安納芋を10kg購入しました。
 特A級の少し高価なものです。
 適度なサイズに揃っており、一定期間保存されたもので直ぐ使用できます。
●もみ殻の中で保存します!

・必要な時に取り出しやすいように、この保存方法にしました。

【2012年11月14日】
●石焼風焼き芋

・なぜ石焼風なのか?
 それは、石で焼いていないからです!

・この日、夜勤でして、夜食としていただきます。

・種子島産の特A級安納芋を焼きました。
 やはり、本物の安納芋は違います! 極ウマ!
 焼くだけでスイーツ!
 写真でも分かりますよね! 蜜が溢れています!

・畑で収穫した芋は、1ヶ月ほど保存してから食す予定です。
 大きな期待はしていないです。(見た目は大差無いですが・・)

●T股くん食す!

・「皮ごと食べられますか?」と聞かれたので、「止めといたら」と答えましたが・・ 結局やってます・・


・でも、美味しかったそうです。
 まぁ〜焼く前にしっかり洗ってま
すけどね!
●N江くん食す!

・上品って言うか・・・普通に皮むいて食べています。


・竹原に転勤したH山くんも好きでしたよね!
 元気にしてますか? 
見ていたらメール下さい!
次回の予告
サツマイモのお話し(その2):掲載時期は12月上旬頃です


<<播州コムトップ
Copyright (c) by JPOWER-TAKASAGO All Rights Reserved. since2001.1.1