ふぁーまーず通信 37  2013年 夏野菜の状況B(ニガウリ)

   ゴーヤという呼び方が全国的に定着したのは何時からだろうか?
 
ニガウリを古くから普通に食べていた九州や南西諸島の各地には、様々な地方名があるそうです。
・沖縄本島(首里・那覇方言など)⇒「ゴーヤー」
・宮古島(宮古方言)⇒「ゴーラ」
・八重山(八重山方言)⇒「ゴーヤ」
・熊本県をはじめとした九州の大部分⇒「ニガゴリ」又は「ニガゴーリ」
・鹿児島県奄美大島⇒「トーグリ」
・長崎県諫早(イサハヤ)地方、鹿児島県本土⇒「ニガゴイ」や「ニガウイ」
 このような多くの呼び名の中から、ゴーヤが定着していったのは、沖縄ブームなどで一気に料理などと一緒に広がって行ったものだと思います。
 また、ビタミンCなどの水溶性ビタミンを多く含むことや、健胃効果もある苦味タンパク質のため、夏バテ(体を冷やす)に効く健康野菜・ダイエット食品として日本全国で栽培されるようになったそうです。
 独特な苦味があり、好き嫌いが分かれる野菜でもありますよね!
 会社の女子に人気がある野菜なので、今年は大豊作となるように栽培します。
 ニガウリってなんですか?】
・ウリ科ツルレイシ属のツル性植物であり1年草である。
・果肉が苦いため「ニガウリ」と呼ぶが、農学・園芸学ではツルレイシ、生物学ではニガウリを用いることが多い。
・沖縄本島では、「ゴーヤー」と呼ぶのが一般的であり、沖縄料理ブームなどの影響で、全国的に「ゴーヤー」または「ゴーヤ」を使用することが多くなっている。
・幾つかの栽培品種があり、品種によって苦味の強さにも差がある。
・未成熟で緑色の果肉を食用とするが、中心部分の種と周りの白い綿はスプーンなどで取除く。
ニガウリを栽培しよう!
ニガウリの栽培場所:2013.4.10
ニガウリの栽培状況@:2013.5.14
・5月の初旬に、T川さんとT城くんに援農して頂きました。

・苗は、2種類×2苗=4苗 を定植しました。

・ツルが沢山這いまわるので、支柱はかなり高めにしました。

・この写真の苗は、「ゴーヤ」のラベルが付いて販売されていたもので、イボイボ付の普通のニガウリです。

・こちらは、「サントリー本気野菜」シリーズの「デリシャス ゴーヤ」です。

・どのような物かと言うと、イボイボが無い種類です。
ニガウリの栽培状況A:2013.4.20

・苗の定植から10日目です。
 少しツルが伸びてきました。
 ニガウリは、子ヅルや孫ヅルに実を沢山つけるようで、ある程度成長したら親ヅルは摘出します。

ニガウリの栽培状況B:2013.5.22

・コンパニオンプランツとして、枝豆(大豆)の種を同じ畝に蒔きました。 芽が出てきました。
ニガウリの栽培状況C:2013.5.27
 ・子ヅルが出てきたので、親ヅルの先端を切取りしました。
 ここからは子ヅルを伸ばして行きます。
 ニガウリの栽培状況D:2013.7.20
・途中の写真が無く、いきなり「緑のカーテン」となっています・・・

・ここまで大量に収穫できています。

・こちらは、良く見かける普通のニガウリでしょうか!

・このイボイボは、何故あるのか? と考えた人がいるようです。
・こちらは、デリシャス ゴーヤ です!
 苦味が少ないイメージをしがちですが、大差は無く、普通に苦いです。

・イボイボは無いのですが、縦に溝が走っています。
 ニガウリの栽培状況E2013.7.30
・まだまだ、大量収穫中です。

・上の方は、手が届かないので長椅子を利用しています。
 切ってみた2013.7.30
・先っぽが少し、黄色くなった「デリシャス ゴーヤ」です。
 熟成すると果皮は
黄色くなり、種の表面は赤いゼリー状の仮種皮に覆われます。
・この
赤いゼリー状の仮種皮は、実は甘ーいんですよ!
黄色くなった果皮は、ボソボソとして食感が良くないので普通は食べませんね!
 ニガウリの栽培状況F2013.8.4
・花の数に比べ、実になり収穫出来るものが少なくなってきた。
 追肥と人口受粉を行ってみます。
 ニガウリの完熟状況@2013.8.4
・完熟すると、このように黄色く色づきます。

・イボイボの谷に沿って弾けるように割れるそうです。
 イボイボは割れ易くするためのものだと考える人がいる根拠となっています。
 ニガウリの完熟状況A2013.8.4
・このニガウリは、部分的に丸く割れていました。
 中を見てみると
赤いゼリー状の仮種皮があります。
黄色い果皮で鳥を誘い、赤い仮種皮を鳥が食べて、糞(フン)によりが拡散されます。
・この
仮種皮ですが、本当に甘かったです!
次回の予告
2013年の夏野菜状況Cを配信予定です


<<播州コムトップ
Copyright (c) by JPOWER-TAKASAGO All Rights Reserved. since2001.1.1